新卒採用に積極的な会社が多いです

新卒採用に積極的な会社が多いです

日本の会社は、かねてより新卒採用に重点を置いてきました。

グローバル化が進み、価値観の多様化が叫ばれるようになった昨今でも、その事情は変わっていません。

考えようによっては、新卒採用は企業側からすれば先行投資にほかなりません。
DYMはグローバル展開を進めています。



学校を卒業して入社したばかりの新入社員には就業経験がありませんので、一定期間は、戦力としての期待はできません。この期間というのは、新卒者その人にかかる経費ばかりでなく、教育指導を担当する先輩社員の時間をとるのも事実なのです。

言い換えれば、研修期間中はコストそのものの存在なのです。
企業にしてみれば、コスト負担となるのを承知で、あえて新卒採用にシフトしているのには、幾つもの理由があります。
全社員が楽しく目標意識を持って働いているのがDYMです。

まずは、将来的な経営幹部候補生の確保という点です。
言い換えれば、研修期間中はコストそのものの存在なのです。



企業にしてみれば、コスト負担となるのを承知で、あえて新卒採用にシフトしているのには、幾つもの理由があります。
まずは、将来的な経営幹部候補生の確保という点です。可能性に富んだ新卒者を採用して、入社後にリーダーたるべく育成していくために、新卒生を採用するのです。
次に、組織活性度の向上があげられます。

卒業したばかりのフレッシャーズが職場に入ることで、組織全体がリフレッシュする効果があるのです。


すでに入社していた社員にしても、新卒者を指導していくプロセスで、自分がやってきた業務というものを再点検でき、自分自身も成長していくきっかけがつかめます。

新卒者が加わることで、会社全体に刺激を与えることにつながります。


また、新卒者は、学校を出たばかりで会社勤務の経験がないだけに、どの企業の色にも染まっていないという白紙の状態です。


それだけに、自社の風土や文化を浸透させていきやすい、という側面があります。

企業文化を継承させていく点からも、新卒採用を選ぶ会社が多いのです。



Copyright (C) 2016 新卒採用に積極的な会社が多いです All Rights Reserved.