合宿免許で必要なものはいくつかありますが、忘れてしまっては困るものがあります。
住民票・印鑑・身分証明証・メガネなどです。
住民票は本籍地が載ったもので、本籍地は多くの方が今現在住んでいるところではない場合が多く、一人暮らしの学生はもちろん、実家だからといってそこが本籍とは限りません。

香川の合宿免許について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

身分証明書も必要で、健康保険証やパスポートやマイナンバーなどがこれに該当します。健康保険証は現地で病気にかかったり、ケガで通院することになった場合のために必ず持って行きましょう。


視力検査もありますので、メガネ・コンタクトレンズも必要です。


着替えはもちろん持って行きますが、洗濯ができるところが多いので必要最小限にしましょう。



気を付けなければいけないのは靴です。



合宿免許に行くまではサンダルやヒールでもいいですが、路上教習になった場合はサンダルやヒールはいけません。アクセル・ブレーキをきちんと踏めることが基本で、安全にも関わることですので、かかとのあるスニーカーを履いていくか、持って行きましょう。

合宿免許の場所によっては買いに行くことが難しい場所もありますので、入校前にはリストを作ってチェックしながら万全の用意をしましょう。あると便利なものは、洗濯を干すためのハンガーや携帯の充電にも便利な延長コード、教習に出かけるためのサブバッグもあると便利です。
部屋がインターネットが使える環境かも調べておくと時間が空いたときや夜に楽しめます。

Copyright (C) 2016 合宿免許で必要なもの All Rights Reserved.